M&A~企業評価・事業承継・事業再生~

Mergers And Acquisitions


WHY IS M&A NOW

なぜ今M&Aなのか

M&Aとは、企業の合併や買収の総称を言います。
少子高齢化による人口減少が進む日本において、労働人口の縮小は避けられません。
故に現在のビジネスモデルを改めて検討する必要性に迫られるでしょう。
M&Aは、合併・吸収・株式譲渡などによるものがほとんどですが、これらをうまく活用することで、経営者様の多くが頭を抱える「事業承継問題」や「企業体質の強化」といった諸問題を解決することが可能となり、今までと変わらず「事業の継続」、「取引先との関係維持」を図ることが出来ることから、近年、多く利用されるスキームとなっています。


ADVANTAGES AND DISADVANTAGES OF BUSINESS TRANSFER

事業譲渡の
メリット・デメリット

M&Aは、売主側・買主側双方にメリットをもたらしますが、あらかじめ、知っておくべきデメリットもございます。
ここでは、M&Aによりもたらされる代表的なメリット・デメリットについてご紹介いたします。

Merit

売手側のメリット

  • 01.後継者問題の解決

  • 02.選択(不採算部門の撤退)とコア事業への集中

  • 03.雇用の確保

  • 04.事業の現金化によるハッピーリタイアの実現

買手側のメリット

  • 01.事業の多角化

  • 02.技術力向上

  • 03.時間・コストの削減

Demerit

売手側のデメリット

  • 01.想定価格で事業譲渡できない・買い手がつかない

  • 02.想定以上の時間を要する可能性

  • 03.雇用条件の変更により従業員が離職するリスク

  • 04.取引先のとの契約解消

買手側のデメリット

  • 01.簿外債務・偶発債務

  • 02.想定していた相乗効果が発揮されない

  • 03.優秀な人材の流出


M&A IS BUSINESS THAT REQUIRES HIGH EXPERTISE

M&Aは
高い専門性を要する事業

M&Aは、売手側と買手側、双方の非常にデリケートな問題を多く含むため、お互いの事情を考慮しながら慎重に進めることが最も重要です。
親族内、従業員・役員(MBO等)、第三者(M&A)等、事業を継がせる対象が誰であるかによって、お互いの事情を考慮したスキームをオーダーメイド型による最適な事業プランをご提案いたします。
M&Aのスキームは多種多様です。
経験豊富なアドバイザーが、案件毎に具体的な手法を個別で検討し、適切なアドバイスを行うことで、リスクを最小限に留めることが可能となります。

       

CONTACT

ご質問、ご相談なんでも受け付けます。
お気軽にご連絡ください。

CONTACT FORM